Top > いわて牛とは

いわて牛とは

日本の頂点を極めた和牛です。

いわて牛は、全国肉用牛枝肉共励会において全国最多11回の日本一に輝いています。

大自然と伝統が育む「いわて牛」

澄んだ空気と美しい水。そしてすくすくと作物が育つ肥沃な大地。
この豊かな大自然と肉牛産地としての伝統に育まれ、いわて牛は生まれます。

日本最高のブランドを支えるのは、まず子牛から肥育まで一貫した生産体制。
そして一頭一頭を慈しむ、畜産農家のきめ細やかな愛情。
いわての大自然を父として、つくり手のおもいやりを母として、芸術品とも言われる美味しさが育てられます。

いわて牛の3つの秘密

理想的環境で育てられ、徹底した衛生管理のもと生産されています。

澄んだ空気ときれいな水、作物がすくすく育つ肥沃な大地。
豊かに広がる大自然が、岩手県の自慢です。
自信を持っておすすめできる、その理由を紹介します。

  • 豊かでクリーンな自然環境、繁殖・肥育から販売までの厳しい管理体制。牛肉生産の理想的な条件のもとで、いわて牛は生まれます。だから、高品質で安心して食べられるのです。
  • 良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
  • すぐれた肉質、豊かな風味は一口食べれば納得できます。肉色も良く、熱を加えると一層風味が増します。

環境にもやさしい「いわて牛」

[飼料は安全性と栄養に配慮]

飼育牛には肉骨粉を全く使用していない「くみあい指定飼料」等を与え、厳重な監視体制のもと管理。
もちろん、抗生物質、合成抗菌剤、成長ホルモンの投与はしません。

[自然循環型農業を構築]

家畜の粗飼料生産はもとより、たい肥施用や有機肥料づくりを行い、自然循環型農業を実践。
水田への堆肥施用は全国平均を大幅に上回っています。環境に配慮しながら生産されているいわて牛。 それは、高い品質とおいしさに結実します。

いわて牛と純情米の美味しさの秘密

どんな調理法にも最適です

一度味わうと、その美味しさに、やみつきになります。

いわて牛は、肉の旨味と甘さのバランスが絶妙で、きめ細やかな霜降りが特徴です。

  • 霜降り
  • ステーキ
  • 焼き肉
  • すき焼き